急な出費に備えるカードローン

 急な出費で給料日前にどうしても早急にお金が必要な場合におすすめなのがカードローン。
カードローンは一般的な融資に比べ、使途自由、担保不要で即日融資が可能です。大手銀行や地銀、消費者金融など多くの金融機関から提供されています。

一般的には、銀行系は金利が低い傾向にありますが、審査に時間が掛かる、反対に消費者金融系では金利は高いが審査時間は比較的短いとも言われています。
とはいえ、最近では銀行系でも最短当日の借入を行えるケースも増えてきています。

アコムマスターカードは、マスターカードとして、クレジットカードの利用が日本全国だけでなく世界中で使うことができるんです。さらに、分割やリボ払いも可能です。普通のクレジットカードとこのような面において違いはありません。申込は、お店に行かなくてもネットで手軽に行えるのも特徴的です。ただし、もともとアコムの会員の人と会員ではない人は申込方法が異なるので注意が必要です。クレジットカードの発行にも長い期間は必要としません。長くても2週間での発行が可能です。さらに、年会費も無料なので余計な費用を払わなくて済みます。   さらに、メリットもあります。マスターカードならではのサービスを受けることもできます。審査が通りにくそうでクレジットカードの利用にためらっている人にも利用しやすいカードとなっています。
参考:具体的な利用方法/ アコムマスターカード申込ガイド

又、最近ではインターネットから申し込みできる機関も多く、店頭に出向く手間を省く事もでき、人目を気にする事無く、又、仕事で平日は時間が取れない方でも簡単に申し込みできるようになっています。前日夜に申し込みを行い、翌日審査に通過すれば、最短でお昼頃には融資が完了する事も可能です。

それに消費者金融のATMコーナーに入ったり、店舗に申し込みに行くのは少し気が引けるものですので、こういった点からみても自宅で完結できますので便利になっています。
 
かしながら気を付ける点は、カードローンは他の融資に比べ金利は高いという傾向があります。
利息は金利によって高くなりますし、借入期間が長くなればそれだけ利息は高くなります。
ですので安い利息で借りるためには、小額を借りて短期返済するという使い方がおすすめです。

カードローンを利用する意味について

“これまでにお金を借りた事があるという方の多くは消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りたという方が多いと思います。ですが、なぜか銀行のカードローンを利用してお金を借りたという方は少ないと思います。

それはどうしてかというと、多くの方は数十万円程度のお金を借りようと思った時は銀行のカードローンを利用するよりも
消費者金融のキャッシングを利用した方が良いと思っているからです。

確かに以前の銀行というのは小口の資金を貸すという事はやってませんでした。ですが、今の銀行は消費者金融と同じように
個人に小口の資金を貸さないと利益を出せない状況になりつつあります。

ですから、銀行のカードローンに申し込むと意外と簡単に融資を受ける事ができようになると思います。
なので、これまで小口の資金を借りようと思った時は消費者金融ばかり利用してきたという方は今後はぜひ
銀行のカードローンを利用されると良いと思います。

そうすればこれまで以上に安心してお金を借りれるようになると思います。

色々なカードローンがありますが

カードローンには銀行系と、消費者金融、信販系など、実に多くの会社から取り扱われていて、それぞれに多くの顧客を抱えています。

それが一番魅力的なのか、などはなかなか一概には言えませんが、即日で利用したいという時は、だいたい大手のカードローンが有利ですし、それは大手の銀行でも大手の消費者金融でもいいと思います。
ですが、どちらかといえば消費者金融の方が早い傾向があるようです。

また、金利の面ではどうかというと、これは断然銀行の方が有利になっているようです。
とはいえ、利用金額によっては、消費者金融でも同じくらい低くなる事もありますし、大手のいくつかの消費者金融では無利息キャッシングの利用もできますから、銀行よりもお得に利用できる事もあります。

私もカードローンを利用していますが、特に便利だなぁと思うのが、何度でも必要な金額の貸し借りができるところです。
その時にその都度審査が行われることもありませんから、煩わしい事が一切ありません。

カードローン審査

毎月の生活費のやりくりに四苦八苦している主婦の方はたくさんいますよね。

我が家は、旦那だけの給料では、とてもじゃないけど家族3人が生活することはできません。ひとりの給料だけですと、月10万円の赤字になってしまいます。(手取りが19万円のため)

現在パート勤務で、月8万円ほどの収入がありますが、そのうち3万円は保育園代金に消えるので、赤字の全てをうめることは難しく、毎月家計は火の車です。

結婚式などの臨時出費が重なり、生活が苦しくなったときにカードローンを申し込みました。

とりあえず、審査はとおり、ピンチを脱出することができました。ローンは利息がかかるため、極力さけたいところではありますが、どうしてもお金が必要な時には、とてもありがたいものです。

最近は、テレビでも、カードローンやキャッシングCMが増え、主婦でも利用しやすいような風潮になってきたように思います。ローンを組んだときは、何だか罪悪感みたいな気持ちでいっぱいになりましが、信用と引き換えにお金を借りたと思えば、そんなに重く考えなくてもいいのかなと思いました。
生活のためにローンも賢く使っていきたいです。

銀行カードローンはサラリーマンの強い味方

サラリーマンと言えば、一般的に給与は銀行振り込みが当たり前です。ですから毎月の給料日は、誰しも待ち遠しくて楽しみなものです。
しかし日々の生活の中では、時には給料日まで待てない金欠に見舞われてしまうこともあります。

そんな時に最も頼りになるのが、銀行カードローンです。
日頃から給与の振り込み先の銀行カードローンを持っていれば、万一の金欠の時にも安心です。その借り入れは、まるで給料を前借りするような感覚です。

どうせ給料日にはすぐに返す借金なのですから、返済に行き詰まってしまうような危険もありません。ですから銀行カードローンこそは、サラリーマンの強い味方なのです。

しかし、この強い味方も乱用はいけません。もしも乱用してしまうと、せっかくの給料も返済のために目減りしてしまいます。
その目減りが大きくなればなるほど、生活も苦しくなります。
すると翌月は更に多くの借り入れをしてしまい、返済もますます苦しくなってしまいます。こんな悪循環だけは、絶対に避けねばなりません。

便利故に気をつけたいこと

ローン契約の中でもカードローンはいつでもどこでも借りたり返したりできるということを考えると非常に便利なサービスです。
ですが便利が故に先に申し込みをしておくことで後は利用するだけですので自分の支払い能力を超えたような利用をするかしないかが危ないところです。

借り入れについて可能枠までは確かに借り入れ可能ではありますが返済のことを考えて利用する際には便利が故に過利用も考えられます。
返済不能に陥る方が多く最終的に自己破産や個人再生などの債務整理を行わなければいけなくなるようなケースが散見されています。

債務整理などに発展した場合はその後数年間は債務事故歴ありとされ個人信用情報に登録されます。
そうなると大概の金融機関では借り入れができなくなってしまいます。

その状況下が最終的に生活に影響することが予想されるのであれば、やはり利便性に駆られて返済不能なところまで借り入れをしないように自分で気をつけなければなりません。

カードローンを比較するためのポイント

カードローンを取り扱っているのは、銀行・信販会社・消費者金融が発行しています。

銀行系のカードローンの特徴は、作れるのは20歳からで、定期的な収入のある方に限られます。銀行のカードローンのメリットは金利が安いこと、デメリットは審査が厳しく審査期間が長いことです。

信販会社の特徴は、メリットでは銀行同様低金利でカードを作ることもできますが、デメリット同様、そこまで審査が早いというわけではありません。

消費者金融の特徴は、メリットでは何と言ってもカードの発行が早く、審査が他のところよりも早く、即日借り入れができる点です。デメリット面では金利は高く長く借り続ければ続けるほど、借金がかさんでしまう点です。

どのカードローンも20歳以上で安定的な収入があること、本人確認ができる物(免許証・保険証・パスポート類)を持っていることです。

あまりにも高額なカードローンの申し込みの場合には、収入証明になる源泉徴収・確定申告書が必要になることがあります。